映像という仕事の関わり方

2020年1月15日 | 社長のつぶやき

今の映像の仕事は好きで始めたし楽しい。

だけど、一回作って終わっちゃうことが多いんだよね。

 
リピートがあったとしてもそこまで短期的なものでもないことが多いし、一回の広告やプロジェクトが多いのでそこまで入り込めない。

 

 

なーんか違うなぁと思ってて。

 

 

もっとこう、しっかり方向性とかその先まで一緒に関わって仕事がしたいのですよ。

あんまりきれいごとみたいで口に出したりしなかったけど、もっと

 

 

「好きな人の役に立ちたい」

 

 

のです。

※あくまで好きな人のね

 

 

という訳で今後はそういう関わり方をする仕事をしようと思って、今友人の会社のお手伝いをしてます。

 

内容は一緒に会社の方向性の見直し、ビジョン戦略の相談。

その内容が決まってきたらそれに沿った写真撮影や映像制作をしていくって感じです。

 

結局広告打つのだって、そこが明確じゃないとうまくいかなかったりするんですよね。

 

自分の性格なのか、人の会社の戦略練るのが楽しいみたいで(笑)

 

 

2020年はこういう動きで活動していきます!

最近の投稿

  • 歴史・文化
  • 音楽
獅子舞
日本刀
蕎麦
ビール
神輿(みこし)
伊藤悠貴
著作権

カテゴリー

月別

Favorite posts

歴史・文化
令和

令和

5月から新元号になりますね。 万葉集の  「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」...

続きを読む

Contact US