価値の付け方

2020年1月18日 | 社長のつぶやき

企業して歴史会というイベントをやり始め

そこで映像を作り始めて

一気にクオリティが上がったって感じまで前回書きました!

 

 

で、そこからちょっとずつ映像の仕事が

とれていくわけですが。

 

まず最初にぶち当たったこと。

 

 

 

「値段の付け方」

 

 

 

映像って原価がないようなものなので

自分で値段をつけるしかないのです。

 

でも映像をゼロから始めた自分は

このくらいだろうなぁ

っていう目安がないのですよね。

 

 

なんなら請求書も見積書も作ったことがない。

 

ここで初めて思ったことは

 

 

 

営業も事務もマーケティングも制作も

全部一人でやらなきゃいけないのです。

 

 

サラリーマンで全然その辺やってきてなかった自分にとって

ネットで調べるしかないわけですよね。

(しかもエクセルもほとんど触れない笑)

 

 

なんとか調べつつ、教えてもらいつつ

進めていくわけですが

最初なんてなかなか仕事ないですよね。

 

で、来た瞬間飛びついちゃうので

安く受けちゃうわけですよ。

 

 

いくらでやれます?

 

って聞かれても

 

 

 

高い値段言って断られたらどうしよう。。。

 

 

 

とか考えちゃうわけですよ。

 

で、安い値段で受けたり

経験だ!

くらいで無料でやってたりもしました。

 

 

 

で、ま〜やってるうちに

段々わかってくるわけですよね。

 

 

 

安く買い叩いてくる人は

後で色々言ってくる。

 

 

 

まぁ例えば修正が多いとか

最初に言ったイメージと全然違うこと

言ってきたりだとか。

しまいには払わないとかね。

 

 

そうやって人を見る目を養っていくわけです。

 

今でもそこまでできる方じゃないですけどね。

 

 

 

なんとなく仕事はこなし始めるのですが

今度は資金繰りは厳しくなってくるのですよね。。。

 

 

この辺はまた次回!!!

最近の投稿

  • 歴史・文化
  • 音楽
獅子舞
日本刀
蕎麦
ビール
神輿(みこし)
伊藤悠貴
著作権

カテゴリー

月別

Favorite posts

歴史・文化
ビール

ビール

仕事終わりなんかに飲みたくなるビール。 暑くなってくると特に美味しく感じますよね。 そんなビールですが、もともとどうやって日本に入ってきたのでしょうか?...

続きを読む

Contact US