令和

2019年4月22日 | 歴史・文化

5月から新元号になりますね。

万葉集の

 「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

からとったということで、中国古典ではなく日本古典とする元号は、確認できる限り今回が初めてのようです。

「令和」の意味は

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。

オリンピックも来年にありますし、希望を咲かせる国にできるよう日本人としてがんばっていきたいですね。

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

月別

Favorite posts

社長のつぶやき
会社設立!

会社設立!

さぁ今回は会社設立編ですね! 前回はサラリーマン辞めて社長になってやる と思ったところまででした。   この年は1月の初詣で 「会社設立してサラリーマン辞めれますように!」...

歴史・文化
お寿司

お寿司

寿司とは、米飯と主に魚介類を組み合わせた日本料理。今や国外でも愛される食材で、日本食として世界で愛されていますね。...

Contact US